【介護士求人情報サイト】デイサービス求人をお探しの方へ

デイサービスでの介護士のお仕事ってなに?


デイサービスでの介護士の仕事内容・役割は多岐に渡る

デイサービスの介護士に就職・転職をする際、当たり前の事ですがデイサービスの仕事内容や介護士の役割についてはしっかり頭に入れておきましょう。

ここではデイサービスでの介護士の仕事内容・役割をご紹介しています。

高齢者の多くの方が利用しているデイサービス。

デイサービスで活躍している介護士も多くいます。

デイサービスでの介護士の仕事内容・役割は、主に利用者の生活をサポートする事になります。

もっと具体的に言うと、

・食事介助
・入浴介助
・排泄介助
・おむつ交換
・着替え介助
・話し相手

など、利用者が快適に生活できるようにサポートをする事が介護士の仕事内容・役割になります。

また、生活をサポートするだけではなく、利用者に楽しんでもらうためのレクレーションを企画する事なども介護士の大事な仕事のひとつになります。

このようにデイサービスでの介護士の仕事内容・役割は多岐に渡ります。

利用者の体調管理を行う事も介護士の仕事

デイサービスの利用者は高齢者ばかりになります。

いつ何があるのかわかりませんので介護士は常に利用者の顔色や動作などを観察して、なにかおかしな事がある場合はすぐに対応をしなければいけません。

こうした異変にもすぐに気づけるように介護士は日頃から利用者をしっかり観察していかなければなりません。

デイサービスでは毎朝、看護師が付き添って健康チェックを行っているのですが、この時にも利用者とうまくコミュニケーションをとりながら体調について聞いたりするなど、利用者の体調管理を行う事も介護士の仕事のひとつになりますね。

利用者1人ひとりに合った介護サポートをしていく事が大切

また、デイサービスを利用している高齢者は1人ひとり身体の状態が異なってきます。

そこまでのサポートがなくても生活をする事ができる人もいますし、食事や入浴、排泄にサポートが必要な人もいますので介護士には利用者1人ひとりに合ったサポートをする事も求められてきます。

10人の利用者がいれば10通りのサポート方法があるという事です。

利用者1人ひとりの身体の状態や健康状態をしっかり把握し、その利用者に合った介護サポートをしていく事が大切になりますね。

利用者とうまくコミュニケーションをとる事も重要

そして、最後に介護士の重要な役割は利用者とうまくコミュニケーションをとる事です。

上記でご紹介してきたような利用者の生活をサポートする事だけが介護士の仕事ではありません。

利用者の中にはお話をしている時が一番楽しい時間という方も多くいます。

また、楽しい時間を過ごすためにデイサービスを利用している方もいます。

レクレーションを企画したり、他にも季節的な行事なども企画して利用者とうまくコミュニケーションをとっていく事も介護士には重要になるので介護士にはコミュニケーション能力も必要になるでしょう。