【介護士求人情報サイト】デイサービス求人をお探しの方へ

デイサービスで働く際に役立つ資格


資格を取得して就職を有利に!

デイサービスに介護士として就職する際、やはり資格があるのとないのでは大きな差が出てきますね。

資格なしでも応募する事ができるデイサービス求人はありますが、その求人には介護士の資格を取得している人も応募している訳で施設側からすると介護士資格を持っている人の方を優先する傾向にあります。

介護士の資格の中には短期間で取得できる資格もありますので、デイサービスへの就職・転職をお考えの方は資格を取得する事も頭に入れてほしいと思います。

ここではデイサービスの介護士に関する資格をご紹介しています。

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護士の資格の中でも最も取得しやすい資格が介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)になります。

介護士への就職・転職を目指している方の中にはこの資格を取得してから就活・転職活動をする方も多いです。

もちろん就職にも有利になる資格になるので取得できる機会がある場合は積極的に取得してほしいと思います。

実務者研修(ホームヘルパー1級)

実務者研修(ホームヘルパー1級)は介護職員初任者研修のひとつ上の資格になります。

そして、さらにワンランク上の介護福祉士の資格を取得するためにはこの実務者研修の資格が必要になり、介護士としてスキルアップをする際には必須の資格になりますね。

また、この資格があればサービス提供責任者になる事ができ、介護業界では重宝される存在になる事ができます。

介護福祉士

介護福祉士は介護士の資格の中で唯一の国家資格になり、介護士の方なら誰もが目指す資格になるのではないでしょうか。

受験資格には3年以上の実務経験と実務者研修の受講も必要になります。

この資格を取得しているだけで高待遇・好条件で就職できる可能性もあります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

難易度が高いと言われているケアマネージャー(介護支援専門員)の資格。

介護業界で長く働きたい、介護士としてスキルアップをしたいという方には是非、取得してほしい介護士資格になります。

これから介護士へ就職する方に取得してほしい資格

上記でご紹介してきた資格が介護士の主な資格になります。

これからデイサービスの介護士への就職・転職をお考えの方にははじめに紹介した介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格は取得していた方がいいでしょう。

就職活動や転職活動を有利に行うためにも介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格を取得して採用をもらえる確率を高くしましょう。

現在では介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格も取得しやすい環境が整っているので是非、この資格を取得してから介護士への就職・転職をする事をおすすめします。