【介護士求人情報サイト】デイサービス求人をお探しの方へ

デイサービスで働く際の注意点


楽しい仕事も大変な仕事もたくさんあり介護士

高齢化社会が進むのと同時に介護士の需要が高まっている現在、介護士へ就職・転職をする方も増えてきています。

介護士の職場で代表的な施設といえばデイサービスになりますね。

デイサービスという施設は、高齢者の生活をサポートする施設で多くの介護士がこのデイサービスで活躍しています。

高齢者の生活をサポートし、コミュニケーションもしっかりとりながら高齢者と楽しい時間を過ごす。この事をやりがいにしている介護士は多くいます。

しかし、デイサービスで介護士として働く際にはいくつかの注意点があります。

楽しい仕事もありますが、大変な仕事もたくさんあります。

現在、デイサービスの介護士への就職・転職をお考えの方はこの注意点もしっかり頭に入れてから就職。転職を行うようにしましょう。

ここでは、デイサービスで働く際の注意点をご紹介しています。

利用者の健康状態や身体の状態は様々

デイサービスを利用している高齢者は人それぞれで健康状態や身体の状態は異なってきます。

介護士はその利用者1人ひとりに合った介護をしていかなければなりません。

ですので利用者1人ひとりの健康状態や身体の状態をしっかり把握し、臨機応変に対応をする事も求められてきます。

デイサービスでは様々な職種のスタッフが働いている

デイサービスで働いているスタッフは介護士だけではありません。

介護士の他にも看護師や栄養士、生活相談員なども働いており、それぞれの職種で仕事内容や役割は大きく変わってきます。

また、円滑に仕事を進めるためにも他のスタッフともうまくコミュニケーションをとりながら仕事をしていかなければなりません。

それぞれのスタッフで担う仕事は違うので衝突する事も多々あると言いますが、そのような事は利用者からすると全く関係のない事になります。

スタッフの人間関係が悪いと施設内の雰囲気も悪くなってしまい、仕事もスムーズにいかなくなってしまうので他の職種のスタッフとの人間関係にも気を付けながら仕事をしていかなければなりません。

介護が好きなだけではダメ!強い精神力も必要

介護業界へ就職・転職をしてくる方の多くが介護の仕事に興味があるから、人の役に立つ事が好きだから、などの理由で介護業界へ飛び込んでくる人が多いです。

しかし、これだけでは介護の仕事をしていくのは大変です。

実際に働きはじめた時に自分の理想と現実のギャップに驚く事でしょう。

介護の仕事は楽しい事ばかりではありません。

入浴介助、排泄介助、おむつ交換など、人によっては生理的に受け付けない仕事もしなければいけません。

しかし、この仕事も介護士の重要な仕事のひとつになります。やりたくないからやらないという甘い事も言ってられません。

他にも、利用者の中にはクセがある人もいて、介護士を毛嫌いしている人や事ある事に文句を言ってくる人、全くコミュニケーションをとる事ができない人もいるでしょう。

そういった利用者がいてもその人としっかり接してその人のお世話をしていかなければなりません。

時には精神的に辛いと感じる事もありますが、こういった事も乗り越えていかなければいけません。

精神的に弱い人は正直、介護士には向いていないといっていいでしょう。

現在、介護士への就職・転職をお考えの方はこうした事もしっかり把握してから介護士へ就職・転職をしましょう。