【介護士求人情報サイト】デイサービス求人をお探しの方へ

パートから正社員を狙う事も可能!


職場に希望を出しておくことで、正社員に登用されやすい

介護業界の仕事は、未経験からでも働くことが可能です。

未経験だけど正社員になりたいという場合は、働いている施設や事業所に希望を出しておけば正社員として登用されやすくなります。

介護士パートとして長年働いていたので、そろそろ正社員で働きたいという方もいらっしゃると思います。

その場合も、施設で正社員への登用があるかどうかが重要となってきますね。

介護のお仕事をしているほとんどの方が、女性でパート勤務職員という方が多いのではないでしょうか。

施設や事業所によって違いはありますが、介護の仕事はパート職員で成り立っているとも言われています。

仕事内容は、正社員もパート職員もほとんど違いはありません。

利用者さんには、雇用形態は関係ありませんからね。

働き方に違いがないのならば、正社員として働きたいと希望される方も多くいらっしゃることでしょう。

職場に希望を出しておくことで、正社員に登用されやすいと思います。

介護の仕事はわりと正社員になりやすい

介護業界は人手不足であることは知られていますよね。

そのため、長期的に介護スタッフが働ける環境を整えるために、正社員への登用をしていることが多いようです。

未経験から正社員、パートスタッフから正社員へ希望する方でも、介護の仕事はわりと正社員になりやすいと言えます。

今現在働いている施設や事業所で、正社員になれるか聞いてみることをオススメします。

条件などがある場合は、それをクリアしていることやかならず正社員として働くことができるかなどを施設に確認すると良いでしょう。

正社員とパートの違い

パートスタッフと違う所は、拘束時間・出勤日数・シフトの優先順位・施設によっては残業があることを覚悟する必要がありますね。

子育て中だったり、家庭を持っている方の場合は、シフト制だからどうにかなるだろうという考えで正社員になると、後で後悔することもあります。

パートから正社員になると、仕事内容はそれほど変わることはありません。

ただし、パートよりも時間や休日などの都合をつけにくくなるということを理解しておくことが必要となります。

パートから正社員になりたいという場合、今の職場での登用されるのが1番良いですが、断られることもあります。

慣れ親しんだ職場でずっと働いていくことも理想ですが、正社員で働きたい!と思った場合は思い切って他の職場へ転職をすることも良いですね。

パートと正社員で働くそれぞれのメリットとデメリットを考え、あなたのライフプランに合った働き方をしっかりと考えていきましょう!